冬の季節だからこそ釣れる高級魚と穴釣りの方法をお教えします

みなさんは冬に釣りをしますか?

寒いと魚が釣れない、寒いから出かけたくない…
そんな理由であまり釣りに行く人も少ないのではないかと思います。

実際に私も冬に釣り場に行くとあまり人を見かけません。
しかしそんな冬だからこそぜひ釣りに行って欲しいのです。

簡単に高級魚が釣れますよ。
しかもかなりの数釣れます
今回は冬の釣りの魅力を伝えていこうと思います。

冬に釣れる魚は?

代表的な魚だけでも
カサゴ
ヒラメ
カレイ
クロダイなどが釣れます。

しかも寒さを乗り越えるために脂をつけた個体ばかり

今あげた魚以外にも、
テトラポットで行う穴釣りなどではカサゴ以外の高級魚も釣れますよ。

今回は初心者の方のためにも手軽にできる穴釣りに視点を当てていきましょう。

冬に釣れる魚への穴釣りの仕掛けは?


穴釣りの仕掛けはいたって簡単です
ブラクリという穴釣り用の重りを糸につけるだけです。

ブラクリ以外にも、カサゴ用のダウンショットの仕掛けもあります。
ダウンショット用の仕掛けだと2匹同時釣りも狙えます。
準備も時間かからないので釣り場に着いたらすぐに始められます。

冬に釣れる魚の餌は?

餌は主にアオイソメを使います。

しかし私もですが虫が苦手な方もたくさんいますよね。
じゃあそんな方たちはできないのかというと
多少釣果は落ちますがそれでもかなり釣れるし虫ではない餌があります。

それがサバサンマなどの匂いの強い魚の切り身キビナゴです。

またパワーイソメと言われているワームに強烈な匂いをつけたものもオススメです。
またコンビニなどでよっちゃんイカを仕入れればこちらも餌として十分使えますよ。

冬に釣れる魚のタックルは?

私は穴釣りはたまにやるくらいだからと思い最初は1.6メートルくらいの安い竿を買いました。
しかしこの長さでも十分長すぎて少し使いにくいです。

穴釣り用のロッドはもっと短い堤防用の万能竿を使い
ベイトリールか両軸リールをつけるのがいいでしょう。

穴釣りで釣れる根魚と呼ばれている魚たちは
餌を食べると隠れ家の石の間などに入ってしまうので
太めの糸を使いましょう。

冬に釣れる魚の穴釣りのコツ

穴釣りはテトラポットなどで隙間に仕掛けを落として釣る釣り方です。

仕掛けをそこまで落としそこから(イメージになりますが)
50センチほど仕掛けをあげます。
だいたいリール4分の3周くらいです。

そうしたら10秒ほど待ちます。
あたりがなければ仕掛けを回収して次の隙間に仕掛けを落とす
という釣り方をします。

面白いことに、釣れなかった隙間の隣では爆釣できることも稀にあるので
とても奥が深いですよね。

魚が餌を食べたらすぐリールを巻いてください

もたもたしていると隙間などに入られて仕掛けごと切れてしまう可能性があります。

またテトラポットの隙間以外にも、堤防の壁に沿って仕掛けを落としても釣れます。
これは堤防のコンクリートが欠けているところを住処にしている魚もいるからですね。

隙間は小さいように見えますが、魚を釣ってみたら意外と大きかった、ということもよくあります。

冬に釣れる魚が本当に穴釣りで釣れるの?

実は穴釣りは季節問わずにいつでも釣ることが可能です。

カサゴなどの根魚はテトラポットの隙間などを住処にしており、
そこで産卵などもするのでいつでもいます。

ただ暖かい時期はあまり活性が上がらず餌の食いつきが悪いので
その時期はベラなどの外道が良く釣れますね。

そのため穴釣りでカサゴやソイなどの根魚を狙う場合は
水温が下がり始めベラなどがテトラポット周辺の浅瀬にいない時期を狙うのがいいでしょう。

穴釣りで冬に根魚以外は狙えるのか?

冬の穴釣りで根魚以外にも他の魚は十分狙えます。

代表的な種類は海のギャングと言われているウツボですね。
このウツボ見た目はとても恐ろしいですが、唐揚げにすると絶品ですよ。

ただそこまで釣れる可能性は高くありませんのであくまで根魚狙いということになります。

冬に釣れる魚 まとめ


いかがですか?

冬には魚は釣れないと思っている方も多いと思います。
しかし海では冬だからこそ旬の魚が沢山います。

たしかに寒くて出かけるのも嫌ですが、
脂の乗っている魚を食べると「出かけてよかったな」と思えるはずです。

しっかり厚着をして釣りに出かけてみましょう。

また冬以外にも海は季節ごとに旬の魚がいますね。
ぜひ下調べをしてどの季節にどの釣り方で何を狙うかと言うのを調べましょう。

海は釣り方さえ変えれば釣れない季節はないですよ。
それでは皆さん冬の海釣りを楽しんでください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました