スモールマウスバスの生態・釣りをビックマウスバスと比較【バス釣りの極意 番外】

今回は番外編としてみなさんがあまり馴染みないスモールマウスバスについて話していきます。

ブラックバスには大まかに2種類あります。

馴染みがある口の大きいバスがビッグマウスバス、口が小さいバスがスモールマウスバスと分けられています。

厳密に違う種類の魚で生態や釣り方も少し変わってきます。

それではビッグマウスバスと比較しながら見ていきましょう。

スモールマウスバスの特徴

スモールマウスバスは口がビッグマウスバスに比べて小さくあまり大きいルアーは食べれません

なので小さめのルアーやワームを使うようにしましょう。
また体長も最大で40センチほどとビッグマウスバスに比べて小さいです。
しかしかなりの引きがあるのでとても楽しめます。

スモールマウスバスの生息域

有名なのは多摩川です。

ビッグマウスバスは流れが穏やかなところを好みますが、スモールマウスバスは流れが速いところを好みます。

またビッグマウスバスは自分の住処と決めたところに居座りますが、
スモールマウスバスは回遊をするので色々なところに、しかも群で現れます

こう考えると海で青物を狙っているのと同じ感覚になれるので非常に奥が深いです。

スモールマウスバスの釣り方 【基礎】

 

ビッグマウスバスを釣るときはルアーをゆっくり巻いて見せるようにしますが、
スモールマウスバスはビッグマウスバスに比べて気性が荒いため目の前を横切るものはなんでも襲います

そしてスモールマウスバスがいるところは流れの速い川なので、餌となる魚も動きが早いです。
なのでルアーを目の前を通すイメージで少し早めに巻きましょう。

スモールマウスバスがそこにいた場合ものすごい勢いで食らいついてきます。
そしてスモールマウスバスは引きが強いので糸も少し太めがいいでしょう。

ビッグマウスバスはだいたい6ポンドほどあれば十分ですが
スモールマウスバスは12ポンドくらいの糸を使用しましょう。

スモールマウスバスの季節ごとの釣り方

スモールマウスバスは比較的暑いのが苦手で寒いのには強いです。
そこも踏まえながら簡単にですが説明します。

春のスモールマウスバス

ビッグマウスバスと同じく春は餌を探し回っています。

そのため小魚が集まる場所を探しましょう。

スモールマウスバスがいる川は綺麗なので川を覗きながら歩いていると小魚がいるのもわかります。
そこを狙ってルアーをキャストしましょう。

夏のスモールマウスバス

暑いのが苦手なスモールマウスバスは橋の影やテトラポットが入っているところに潜んだりします。

そのため日陰になっている場所を狙うか水温が下がり始める夕方に短時間勝負するかになります。

またスモールマウスバスは虫が浮いているようなところにはいないので虫パターンのルアーもあまり釣れません
魚の形をしたルアーを使いましょう。

秋のスモールマウスバス

春とほとんど同じ釣り方で構いません。

ただ餌となる小魚も暖かい場所を目指して浅瀬から離れてしまいます。
そのため春よりは難易度が上がります
ただこの時期のスモールマウスバスは荒喰いをするのでいる場所に投げればすぐに釣れるでしょう。

冬のスモールマウスバス

ビッグマウスバスは冬になると水深があるところに移動して越冬しますが、スモールマウスバスは冬も回遊を続けて泳ぎ回っています。

そのため冬も割と簡単に狙うことができるのです。

ただ他の季節に比べ深いところを泳ぎ回るので沈むルアーがいいでしょう。
オススメのルアーはビッグマウスバス同様バイブレーションなどがいいでしょう。

スモールマウスバス釣りは初心者向け?

スモールマウスバスはビッグマウスバスに比べると難易度が高いです。

まず回遊してくるまでひたすらルアーを投げ続ける必要があるのと全国的にみてもスモールマウスバスを釣る方は少ないので情報が少ないです。

また口が小さいためルアーのセレクトも少し難しくなります。

ただ本当に奥が深い釣りです。
どっちかというと上級者向けですが基本を抑えれば釣れないことはないのでぜひ挑戦してみてください。

スモールマウスバス まとめ

 

今回は番外編としてスモールマウスバス釣りを解説しました。

生息域も少なく行く前にしっかり下調べをする必要があります。

ちなみに多摩川だと全域でスモールマウスバスが確認されているので西日本の方は遠いですが行く価値はあります。
また難易度も高いのでビッグマウスバスでバス釣りの基本を学んでから挑みましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました