初心者 海釣りの始め方 おススメの釣り方・タックルを紹介します


今回はこれから海釣りを始める方や始めたばかりの方のために、オススメの釣り方を紹介します。

これから紹介する釣りを覚えてから、ジギングやエギングなどの難易度の高い釣りをしてみましょう。
それでは本題に入ります。

初心者にオススメのポイント

初心者の方はまず足場がいい場所を探しましょう。

堤防砂浜河口などが足場がいいところが多くオススメです。
特に堤防はアジやイワシなどの初心者でも釣りやすい魚が多く安全に楽しめるのでオススメです。

ただし、堤防は漁師さんが仕事をしているので邪魔をしないように気をつけましょう。
また堤防以外でも釣り施設などの安全に釣りが楽しめるような施設もあるのでいってみてはいかがでしょう。

初心者にオススメの魚


初心者にオススメの魚はアジイワシです。

これらの魚はサビキ釣りという釣り方で釣のがおすすめです。

初心者にオススメの釣り方

サビキ釣り

  1. 専用の籠がついた仕掛けで籠の中にコマセという小さいアミエビを入れます。
  2. それを足元に落とし、水中でコマセをばら撒きます。(遠投しません)
  3. 魚は仕掛けについているアミエビに似せた針付きの疑似餌に食いつきます
  4. 食いついたら竿を上下させて疑似餌をコマセの中に漂わせて釣っていきます。

穴釣り

足場は悪いですが、テトラポットの隙間などでカサゴなどの根魚も狙えます。
穴釣りの仕掛けは簡単です。
ラインにブラクリという重りと針が一緒になっています。
餌はイソメなどの虫餌切り身などを使用するといいでしょう。

ルアー釣り

また釣りに少し慣れてきたらルアー釣りをしてみるのもいいでしょう
シーバスヒラメなどのルアーフィッシングのターゲットも堤防などから狙うことが可能です。

初心者が絶対気を付けなくてはならない釣り禁止区域

堤防で釣りをする場合に気をつけなければならないことがあります。

それは釣り禁止区域に入らないことです。
釣り禁止区域は波が高く危険なために設置されているものやソーラス条約などの法令等で禁止されているものがあります
2種類の釣り禁止区域がありますが、見誤ると最悪の場合に身柄を拘束されてしまうことがあります。

高波などが考えられる堤防の釣り禁止区域は実際は立ち入っても問題ありません。
釣りをしていなければ、自己責任になるので実際に漁港の方も何も言わずたまに「気をつけろよ」くらいしか言ってきません。

ソーラス条約で立ち入り禁止の区域はアメリカの同時多発テロ以降の条約で国の安全のために設置されたものになります。
そのため見つかれば即身柄を拘束されてしまいます。
知らなかったでは済まされないことなので絶対に立ち入らないようにしましょう。

初心者おススメのタックル

初心者おススメのロッドとリール

    1. サビキ釣り用に2〜3メートルくらいのロッドに1000番台の小型リールを付けたもの

  1. 穴釣り用に1.3メートルくらいのロッドに両軸リールかベイトリールを付けたもの

初心者の方はこのロッドとリールの2セット持っていけばだいたい遊べます。
冬に行く場合は穴釣り用のタックルだけあれば十分です。

初心者おススメのライン

リールに巻いておくラインはナイロンラインフロロカーボンを使うといいでしょう。

他にも、堤防で釣りをする場合はロープ付きのバケツを持っておくと水を汲めるので便利です。

釣りをする上での基本中の基本ルール

釣りをするためにも暗黙のルールがあります

  • ゴミを持ち帰る
  • 仕掛けを投げる時に必ず後ろを確認する

釣り用の仕掛けには針に返しがついています。
この返しが、かかった魚から針を外れにくくするための役割をします。
それがもし人の目などに刺さった場合大変なことになります。

サビキ釣りや穴釣りの針は細いので怪我はしますが大怪我をする可能性は低いです。
しかしルアーの針はかなり太く大きいため大怪我をする可能性が高くなります。

病院で働いている知人に聞いたところルアーが刺さって搬送されてきたりする方はかなりいるそうです
初心者に限ったことではないですが、いつも周囲に細心の注意をはらって釣りをしましょう。

まとめ


いかがですか?

みなさんもこの記事を参考にして釣りを始めてみましょう。
釣りは「難しそう」とか「釣具が高い」からなかなか始められない、という方も多いでしょう。

実際には簡単に釣れる魚もいるし釣具もメーカーや見た目などにあまりこだわらなければセットでかなり安く買えたりもします。
技術も進歩しているので安価な釣具でも性能が良いものが多いです。

ぜひみなさんも気軽に安い釣具からでも釣りを始めてみてください。
とても楽しい世界が待っています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました