【九十九里海釣りセンター】手ぶらで爆釣!関東最大級の釣り堀

 

今回は関東で最大の九十九里海釣りセンターについて
紹介と攻略法をお教えします。

この九十九里海釣りセンターの釣果は
釣れる時と釣れない時の差が激しいので
せっかく行くなら爆釣したいですよね。

出かける前に是非この記事を読んでから出かけてみてください。
それでは詳しくみていきましょう。

【九十九里海釣りセンター】営業時間やシステム!!

営業時間

  • 開園、受付は午前8時から。
  • 8時30分釣り開始。
  • 終了は午後3時。

料金

  • 一日コース
    大人15,000円、女性・中学生7,500円、子ども5,500円。
  • 短時間コース(4時間)
    大人7,500円、女性・中学生5,500円、子ども4,500円。
  • 見学のみは無料。
  • 貸し道具1,000円、氷200円、発泡クーラー400円~700円。
  • 竿は一人1本。
  • レンタルがあるので手ぶらでもOK
  • 仕掛けはセットで500円(重り、浮き、針)

【九十九里海釣りセンター】アクセス


  • 東京⽅⾯から千葉東⾦道路「東⾦IC」下⾞、国道126号線を直進、
    九⼗九⾥有料道路に⼊り「九⼗九⾥IC」(サンライズ九⼗九⾥前)下⾞、
    信号左折後、3分で右側にあります。
  • バス
    JR総武線千葉駅東⼝4番乗り場より
    「⽩⼦中⾥⾏き」サンライズ九⼗九⾥下⾞(約50分)
    JR外房線⼤網駅2番乗り場
    「サンライズ九⼗九⾥⾏き」終点サンライズ九⼗九⾥下⾞(約35分)

以上が九十九里海釣りセンターの基本的なシステムとアクセス方法です。

【九十九里海釣りセンター】必ず釣れる!攻略法を紹介

それでは今から攻略法を教えます。
せっかくお金を払って楽しく釣りをするのですから
釣れないではしんどいですよね。
釣れない人はなぜ釣れないのか
ということもふまえて書いていきます。

餌の種類!!

九十九里海釣りセンターには
オキアミ、切り身、イソメの3種類の餌が販売されています。

この3種類の餌を全て買うか最低でも2種類は買っておきましょう。

この九十九里海釣りセンターでは1つの餌をずっと使うのではなく
何種類もの餌をローテーションしながら使いましょう。

餌の付け方!!

餌をつけても餌だけ取られては
餌代が無駄になってしまいますよね。

  • オキアミは頭や尻尾の無駄な部分を切る、
  • 切り身は皮の方から針をかける
  • イソメもオキアミ同様無駄な部分を切る

という使い方をしましょう。
そうすることによって魚が餌を
嫌でも針ごと食べることになるので
釣れる確率が上がります。

釣りのスタイル!!

餌釣りは基本的に餌を投げ魚を待つ釣りですが、
この九十九里海釣りセンターでは、
基本的には歩く釣りになります。

海釣りがメインの形はわかりにくいかもしれませんが、
バス釣りをイメージしてもらうとわかりやすいです。
バス釣りも歩いて魚を探す釣りになるので
九十九里海釣りセンターでも歩いて
魚がいそうなポイントに餌を入れましょう。

【九十九里海釣りセンター】どんな魚が釣れるの?

九十九里海釣りセンターでは
カンパチ、マダイなどの高級魚はじめ
アジなどの身近な魚も釣れます。

また九十九里海釣りセンターで釣れた魚は
真鯛以外は持ち帰り数が無制限です。
真鯛に関してはお一人様20匹までとなります。

九十九里海釣りセンターの真鯛

【九十九里海釣りセンター】まとめ

いかがでしたか?
九十九里海釣りセンターは小さいお子様からお年寄りまで
様々な方が釣りを楽しめます

またなかなか釣れない魚がたくさんいるのでとても楽しめます。

最後に攻略法をまとめると
バス釣りのように餌のローテーション
ポイントを歩きまわって釣りをすることが
爆釣につながってきます。

レンタル釣具などもありまた餌も販売しているので
旅行ついでなどに手ぶらで気軽に訪れることができます。

足場もしっかりしており海の釣り堀にしては珍しい
陸での釣りになるので
船酔いなどの心配もなく釣りに集中できます。

必ず施設でのルールを守って
周りの方とコミュニケーションをとったり
家族でおしゃべりしたりしながら楽しく釣りをしましょう。

それでは皆さん是非この九十九里海釣りセンターに行ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました