ブラックバスをルアー以外で釣るにはおすすめのエサ6選 生きエサ?

みなさんはブラックバスをルアー以外で釣ったことはありますか?

基本的にブラックバスはルアー釣りですよね。

しかし餌釣りや泳がせ釣りも楽しめるのでぜひやってみてください。

またルアー釣りよりも思わぬ大物に出くわす可能性もあります。

それではバスのルアー以外の釣り方を見ていきましょう。

ブラックバスをルアーを使わないで釣るエサ6種

ミミズ

ブラックバス釣りのフィールドでは釣り具のレンタルを行なっているところがあります。

しかしそのようなお店利用したことがありますか?

私は1度利用しましたが驚いたのは餌釣り用ののべ竿でした。

そしてもらった餌がミミズです。
ミミズで実際に釣れるのかという疑問が出てきますよね?

しかしよく考えてください。ワームは何に似せてますか?

魚に似せたものも多く出回っていますが殆どがミミズだと思います。

それに餌用のミミズは勝手に動くのでアクションする必要もありません。
そのため待っているだけでバスが簡単に連れてしまいます。

しかし圧倒的にブルーギルの方が釣れる数が多いのでご注意を

ブルーギル


ミミズでブルーギルばかり連れて私はこのブルーギル何かに使えないかな?と考えてしまいました

そこでたどり着いた答えがギルの泳がせ釣りです。

ギルはバスの餌として持ち込まれたのでバスが寄ってこないわけがありません。

実際にルアーより釣れます

ただあまり大きいギルはバスが食べられないので小さめのギルを使いましょう。

背中に針をつけてリールのドラグをゆるめ泳がせとけばいいです。

ちなみにバスが釣れる目安としては針がついたギルがバスに追われて暴れまわります。
その時にリールの糸がどんどん出て行くのでそれを目安にしましょう。

このやり方は海釣りでも使えます。
使う魚が変わってくるくらいですね。

ザリガニ

え?ザリガニで釣れるの?と疑問に思う方も多いかもしれません。

しかし大型のバスはザリガニも餌にしています。
そのためザリガニを餌にするのもいいでしょう。

特にザリガニの場合はギルが食べてこないのでバスを狙う方にはおススメです。

デメリットとしては針を付けるのが大変ということでしょう。
メリットは餌持ちがかなりいいです。

そのため付け替えなどの手間が省けます。

金魚

金魚を餌?という方も多いと思います。

しかし実際に肉食魚の餌としてペットショップなどではかなりの数入荷しています。

値段も1匹40円程が相場なので多少コストはかかりますが釣り餌としても万能です。

またギルみたいに地味な色をしていないのでバスに対してかなりのアピール力があります。
そしてサイズも小さいのでいろんなサイズのバスが狙えます。

ただやはりコスト面がネックなので金銭的に余裕がない方は使わない方がいいでしょう。
ちなみに小赤と言われる種類の金魚を使用してください。

塩辛

あまり釣り餌として耳にしないでしょう。

しかし塩辛はかなり釣れます

においが強烈なのと針につけるとワームみたいにアクションが行えるからでしょう。

ただギルがかなり釣れるので外道は避けたい方はやめておきましょう。
また手ににおいが付いてしまいますのでしっかりした小さくをして使いましょう。

ササミ

肉食魚の餌としてもよく使われるササミです。

必ず生のものを使用してください。
スーパーや肉屋で安価で買えますがだいたい殆どのササミが大きいのでそのまま使うのではなく自分の好みの形にして適当な大きさで切ってください。
小さく切ればギルも釣れるし大きく切ればギルは釣れずにバスを狙えるという切り方によっては万能な餌になります。

ブラックバスをルアーを使わないで釣るには まとめ

いかがでしたか?

私のオススメとしてはギル金魚ザリガニなどの生き餌がオススメです。

その他のものだとにおいで引きつけてくれますがある程度アクションをしないとなかなか食いついてくれません。
生き餌ならかってに動いてくれるのでその分楽ですよね。

釣りはいかに疲れずにたくさん釣るかというのが大事になります。

ただ針のつけ方を知らないとなかなか釣れません。

オススメのつけ方は背がけといって背中にかけるのが1番です。

また生き餌を使うと今まで出会ったことのない大物バスに出会えるかもしれません。

バス以外のナマズなどのフィッシュイーターがいるフィールドではそれらも狙えますね。

ただニゴイには気をつけてください。
針を曲げられる可能性が高いです。

それではみなさんいつもと違ったバス釣りも楽しんでください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました