ライトゲームとは?対象魚と釣り方・糸などの道具..をお教えします

みなさんはライトゲームをしたことがありますか?

海ではジギングやシーバスなどのルアーゲームしかやらないという方も多いでしょう。
しかしライトゲームも立派なゲームフィッシングです。

ライトゲームというのは ルアーでアジやメバルなどの小型の魚を狙う釣りです。それではライトゲームについて詳しく見ていきましょう。

ライトゲームで使うタックル

ライトゲームでは1000番代の小型のリールとかなり柔らかいロッドを使い繊細なあたりを捉える釣りです。
釣れる魚は小さいですがタックルもそれに合わせた仕様なのでかなりのファイトが楽しめます。

ライトゲームで使うロッド

またライトゲームで使うロッドは7フィート前後のものを使用しましょう。

短すぎると堤防でやった時に足元までルアーを泳がせられません
長すぎるとキャスティングが失敗しやすいですからね。

ライトゲームで狙う魚

アジ


サビキ釣りなどでも良く釣れます
サビキのアジは豆アジ小アジと言われるとても小さいアジです。

ライトゲームでアジを狙うときは、10センチから50センチほどのアジになります
そしてアジの大物がかかった時にはかなりの引きを見せてくれます。
注意したいのは あたりが繊細なのであたりを見極めるテクニックが必要になってきます。

またアジをルアーで狙うことをアジングといい人気の釣りとして確立しています。
アジングをする際はライトゲーム用で販売されているタックルを購入するのもいいですが
アジング用のタックルも販売されています。
どちらでも大丈夫です

メバル


アジと同じくとても人気の対象魚です。

歴史はアジングよりも古くからあり、確立されている釣りでもあります。

メバルをルアーで狙うことをメバリングといいます。
メバリングでは20センチ前後から30センチ前後の尺メバルと言われているメバルが釣ることができます。

メバリングは堤防でやるよりは船釣りの方が大物が釣れる確率が高いです。
メバルは頭を激しく降るしぐさをするので、かなりスリリングがある釣りが楽しめます。

チヌ


クロダイとも言われているシーバスに並んで人気のルアーフィッシングの対象魚です。

狙うチヌは50センチほどになります。
もっと大型になるチヌもいるのですがライトゲームで使うタックルでは壊れてしまう可能性もあります。
そのため大型のチヌがいやすい河口付近でやるよりは漁港の堤防などでやる方がいいでしょう。

チヌは警戒心が強いためルアーフィッシングではかなり難易度が高いです。
釣り初心者の方はアジングやメバリングなどでルアーフィッシングに慣れてからチヌに挑むといいでしょう。

カサゴ


冬になるとテトラポットでカサゴ狙いの穴釣りをして狙っている方が結構います。
しかしカサゴはルアーでも釣ることができるのです。

カサゴは個体数もかなり多く、ルアーへの反応も早いのでかなり釣りやすい魚です。
ただ近年小型の個体が多いので、大型のカサゴを釣るとなると少し難しいかもしれません。

カサゴはテトラポットの隙間などに潜んでいるので
ルアーを泳がせるというよりはテトラポットの穴に入れて竿を上下させるのがいいでしょう。

ライトゲームで使用する糸

糸のことをラインといいますが、ライトゲームでは狙う魚の種類によって使うラインを変えましょう。

ラインにはナイロンフロロカーボンPEと3種類あります
海釣りではナイロンラインは使わないようにしましょう。

海釣りには、フロロカーボンかPEにしましょう。

PEの場合は

太さは0.3ポンドほど
対象魚は アジやチヌ
その理由は・・・アジやチヌは常に泳ぎ回っているので魚がいる付近にあまり障害物はありません。
そのため直線の力にはかなり強いPEを使用
PEは直線の力には強く擦れに弱い)してしまいます。そのためPEに比べ直線の力には弱いけど

フロロカーボンの場合は

太さは0.8ポンドほど
対象魚は カサゴやメバル
カサゴやメバルは根魚と言われており岩の陰などに常に潜んでいます。
そのため擦れに強いフロロカーボンを使用
フロロカーボンは擦れにつよく直線の力には弱い
PEではすぐにラインブレイク

ライトゲーム まとめ


いかがですか?
たまには海で小魚を狙うルアーフィッシングをしてみてもいいのではないでしょうか。

ちなみにライトゲーム全般で使用するルアーは小型のワームになります。
アジング用やメバリング用などさまざまなワームが販売されています。

ぜひみなさんもライトゲームをやってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました